商品一覧 ご注文方法 よくある質問 手染めの技法 当店について(概要) お問い合わせ
0949-22-1209
福岡県直方市須崎町11-24
【営業時間】
月~土 8:30~18:30
日曜休み(事前に連絡をいただければ店を開けることもできます)
特定商取引法に関する表示 プライバシーポリシー
     糊置き(のりおき)    
 防染糊(ぼうせんのり)
読んで字の如く“染まることを防ぐ糊”です。
防染糊にはデンプン糊やゴム糊等がありますが当店ではデンプン糊を使用しています。
糯米を粉にしたもち粉と塩と少量の石灰を混ぜて練ってペースト状にした“ねば糊”と糠をあわせて作ります。
以前から染色資材店で“ねば糊”は販売されていますが、当店は“ねば糊”も季節や天候に合わせて作っています。
     筒書き(つつがき)    
②糊置き(のりおき)
布面の染めたくないところに防染糊を付けることを“糊置き“といいます。
ロウケツ染めで言うと、溶かしたロウを布に塗っていることと同じような作業です。

糊置きの方法は「筒描き」「型置き」があります。
円錐形の筒の先端に口金を付け、その中にもち米と糠を練った“防染糊”を入れ、筒の先から坊染糊を手で搾り出しながら筒を動かして布面に糊を置く技法です。
筒を動かし、糊で模様を描くように見えることから、“筒描き”という名称があります。
筒描きは、ケーキのデコレーションやチョコレートのパイピングを想像していただくと、わかり易いかもしれません。
プライバシーポリシー | 会社概要 | お問い合わせ
2012 Hishiya All Rights Reserved.
管理者用ログイン